【マイクラ】スカルクセンサーと調律されたスカルクセンサーの入手方法や使い方と装置を解説!【統合版/Java版】

スカルクセンサー 較正されたスカルクセンサー 入手方法 使い道 範囲 装置 sculk_sensor calibrated_sculk_sensor Item
スポンサーリンク

スカルクセンサーと調律されたスカルクセンサーの入手方法や共鳴を含む反応範囲と使い方、使い道や装置について詳しく解説します。

スカルクセンサーは振動に反応するブロックで使い方次第で様々な条件で動作させることが可能です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スカルクセンサーとは

スカルクセンサーは古代都市に生成される「振動」を感知するブロックです。

スカルクセンサー sculk_sensor

古代都市では振動がスカルクセンサーからスカルクシュリーカーに反応してウォーデンをスポーンさせてしまいます。

派生ブロックとして調律されたスカルクセンサーが存在します。

調律されたスカルクセンサーは反応する振動を限定させることができます。(詳細はページ下で紹介)

入手方法

スカルクセンサーはシルクタッチ付きの道具で回収が可能です。通常の道具では壊れてしまうので注意です。

古代都市から入手
スカルクセンサー入手方法 sculk_sensor

古代都市にスカルクセンサーが自然生成されシルクタッチ付きの道具で入手することができます。クワが速く破壊することができます。

また古代都市のチェストからも入手できます。

スカルクカタリストから入手
スカルクセンサー入手方法 sculk_sensor

スカルクカタリストに経験値を吸収させてスカルクやスカルクヴェインに変化する時、9%の確率でスカルクセンサーが生成されます。

特徴

レッドストーン信号
スカルクセンサーのレッドストーン信号強度レベル sculk_sensor

スカルクセンサーは振動を検知してスカルクシュリーカーに伝達する性質の他に振動の強度毎のレッドストーン信号を2秒間の発信をします。

レッドストーン信号の発信(センサーが光る状態)はv1.20から変更されます。信号の発信は1.5秒間、クールタイム0.5秒となります。

振動源とスカルクセンサーの間に羊毛を設置すると振動が吸収されてスカルクセンサーが反応しなくなります。足音はカーペットでも振動を無くすことができます。

振動の範囲
スカルクセンサーの反応範囲 sculk_sensor

スカルクセンサーが感知する範囲は半径8ブロックです。
8ブロック以内であれば複数のスカルクセンサーが反応します。

厳密には小数点単位まで範囲のようでブロックの端の場合は反応する/反応しないの境目が存在します。こちらはv1.20から変更がありブロック単位になるようです。

振動の共鳴
スカルクセンサーの反応範囲 sculk_sensor
スカルクセンサーを共鳴させた反応範囲 sculk_sensor

v1.20から振動を共鳴させることができ、ポイントで繋げて伝達させることで振動の伝達距離を延ばすことが可能です。

共鳴はスカルクセンサーにアメジストブロックを接地させることで、振動が共鳴するようになります。

アメジストについてはこちらのページで詳しく紹介しています。

振動強度

様々な動作毎にレッドストーン強度が出力されます。

強度動作
1歩いたり、走ったりする振動
泳ぐ振動
アレイやコウモリがなど飛んでいる振動
2プレイヤー、Mobやアイテムが地面に落ちる
水に飛び込む、ボートを漕ぐなど水飛沫の振動
矢や雪玉など飛んでいる物が着地
3アイテム使用終了(弓、トライデント、盾、釣竿、望遠鏡)
矢や雪玉などが発射する振動
ヤギの角笛の音の振動
4ラヴェジャーの咆哮
オオカミが水を振り払う
エリトラの滑空
5エンティティの騎乗から降りる
プレイヤーや防具立てが装備
6エンティティに騎乗
エンティティにアイテムを使用(餌を与える、アイアンゴーレムの修復など)
ハサミを利用
7エンティティがダメージを受ける
8ポーションを飲む
プレイヤーやMobが食べる
9チェストなどを閉じる
ドア、トラップドア、フェンスゲートが閉じる
レバー、ボタン、感圧板がOFF状態になる
トリップワイヤーフックが切れる
10チェストなどを開ける
ドア、トラップドア、フェンスゲートが開く
レバー、ボタン、感圧板がON状態になる
トリップワイヤーフックの接続
TNTやクリーパーの着火
音符ブロックの音
11ブロックの変化
12ブロックの破壊
液体をバケツや瓶で回収
13ブロックの設置
液体をバケツや瓶で設置
大釜が満ちる
14エンティティの設置(絵画、額縁含む)
落雷
テレポート
15エンティティが倒れる(防具立て含む)
TNT、クリーパーやロケット花火が爆発
参考:wiki

調律されたスカルクセンサーとは

調律されたスカルクセンサー calibrated_sculk_sensor

調律されたスカルクセンサーは通常のスカルクセンサーと同じ機能に加えて、感知する振動強度を限定的にさせることができます。

統合版名称Java版名称
調律されたスカルクセンサー調律されたスカルクセンサー

入手方法

クラフトで入手
調律されたスカルクセンサーのレシピ
調律されたスカルクセンサーのレシピ

調律されたスカルクセンサーの入手方法はスカルクセンサー1+アメジストの欠片3でクラフトすることができます。

調律されたスカルクセンサーはv1.20から入手することができます。

特徴

調律されたスカルクセンサーはアメジスト色の方向に対してレッドストーン信号を入力するとその信号強度が「キー」となり同等の振動強度のみ反応するようになります。

反応する距離がスカルクセンサーの2倍の16ブロックの範囲で反応します。

スカルクセンサーは2秒間信号を発信し続けますが、調律されたスカルクセンサーは1秒間毎になります。

レッドストーン信号の発信(センサーが光る状態)はv1.20から変更されます。信号の発信は0.5秒間、クールタイム0.5秒となります。

その他は通常のスカルクセンサーと同様です。

キーの強度が固定
較正されたスカルクセンサーの入力制限 calibrated_sculk_sensor
較正されたスカルクセンサーの入力制限 calibrated_sculk_sensor

足音では反応させたくないけど食料を食べたときだけに調律されたスカルクセンサーを反応させることなどが可能です。

キーの強度を変則
較正されたスカルクセンサーの入力制限 calibrated_sculk_sensor

チェストの中身を「キー」にすると中身を取る前は反応しないのに中身が減ると調律されたスカルクセンサーが反応してしまうなどの動作も可能です。

使い方と使い道

装置

スカルクセンサーを使った装置を作ることができます。

スカルクセンサーと音符ブロックを利用したアレイ式回収装置

アレイの自動回収機

人感センサーの照明のような歩いた振動で光る照明装置

スカルクセンサー自動照明 sculk_sensor
自動ドアの作り方

スカルクセンサー式の自動ドアを作ることができます。

スカルクセンサー自動ドア sculk_sensor

上記は調律されたスカルクセンサーを設置して強度を指定しているためチェストを開ける音で動作します。

スカルクセンサーに置き換えた場合はすべての振動に反応し、ピストンの動作音が反応しないように羊毛を利用する必要があります。

模様入り本棚を利用した自動ドアの作り方はこちらのページで詳しく紹介しています。

コマンドで入手

スカルクセンサーのIDは「sculk_sensor」です。下記のコマンドで付与することができます。

/give @s sculk_sensor

調律されたスカルクセンサーのIDは「calibrated_sculk_sensor」です。下記のコマンドで付与することができます。

/give @s calibrated_sculk_sensor
0件

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サイト管理人
ゆゆゆ

普段は会社員です。更新頑張ります。マイクラで色々やりたいです。猫を飼っています。

ゆゆゆをフォローする
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました